行灯づくり

南砺つばき学舎では全学年が「行灯づくり」に取り組んでいます。
後期ブロック(7,8,9年生)では、針金を使った立体的な行灯づくりに挑戦します。

7月1日(木)、後期ブロックでは「つばきの時間」に講師をお招きして行灯づくりに取り組みました。
講師は、庄川夜高保存会の白山 久一 さんです。
行灯についてのお話や作り方などを教えていただきました。
針金をどう使ったら立体になるのかを考えながら取り組んでいました。

地域活性化部会,行灯づくり